『翻訳通信』山岡洋一氏追悼号 原稿募集のお知らせ


『翻訳通信』読者の皆様


ご存じのとおり、『翻訳通信』発行人である翻訳家・山岡洋一氏が去る8月20日に急逝されました。

そこで、このたび有志数名により『翻訳通信』山岡洋一氏追悼号の発行を計画しております。

つきましては、読者および関係者の皆様から追悼号への投稿を広く募集いたします。生前故人と親交があったか、一読者であったかを問いません。山岡氏や『翻訳通信』にまつわる思い出、悼む言葉などをお寄せください。

追悼号は、2012年3月頃の発行を目標としております。
下記の要項をご確認の上、追悼号専用Eメールアドレスへお送りください。


===投稿規定===

【締切日】
2012年1月31日

【投稿方法】
追悼号専用アドレス (honyakut@u00.itscom.net) 宛にメール添付文書としてお送りください。

メール本文には、お名前、ご連絡先(電話またはメール)、また、差し支えのない範囲でご職業(翻訳者、編集者、学生等)および故人との関係をご記入ください。

【投稿の内容と掲載基準】
追悼号にふさわしいものであれば内容は問いませんが、発行人が不適切と判断した場合には、修正をお願いしたり、掲載をお断りしたりする場合がありますので、ご了承ください。

【投稿の形式】
原則として、「翻訳通信」投稿用の横書き用Word 2003テンプレートを使用してください。テンプレートは、『翻訳通信』投稿規定ウェブページの「投稿のフォームと添付書類」の下からダウンロードできます。同様の形式であれば、ほかのバージョンのWordファイルでもかまいません。Wordを使用できない場合、テキストファイルでも結構です。

見出し (テンプレートの「見出し2」) と氏名は必ずご記入ください。
「見出し1」は未記入で結構です。匿名での投稿は受付できません。

【分量】
上記テンプレートで1ページ以内。
テキストファイルの場合、400字詰め原稿用紙換算で5枚以内。

==========

皆様の投稿をお待ちしております。


『翻訳通信』追悼号発行人(代表:伊豆原 弓・永澤 暖子)


『翻訳通信』のホームページに戻る